シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第66回富士登山競走出場結果詳細編その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

五合目の予想以上の渋滞で、タイムが落ちた事で、正直、気持ちは切れていた。。
八合目でタイムアップだろうな・・・でも、もしかしたらこの先頑張れば、完走は無理でも八合目を通過出来て、山頂タイムアップまで行けるかもしれない。。。と自分に言い聞かせて、先を進んだのだが・・・

五合目から六合目につながる登山道も、1回試走したときもシングルトラックで狭いという印象があったが、案の定この部分も大渋滞・・・
ところどこで立ち止まって待って進む。。かなり時間をロスして、正直この時点で、ここから登山道にめっぽう弱いタイプなので気持ちは完全に切れてしまいました。

六合目の通過タイムは、目標タイムより20分くらい遅れていたと思う。
もともと、4時間20分の完走を目標として設定した目標タイムなので、ものこの時点で貯金どころか、借金状態・・・
このまま下山しようか?という気持ちにさえなった。
それでも、来年に続けるためという気持ちで、切れた気持ちを細い糸でなんとか結び直して進む。

この辺りからは、種目が一気に変わって、足場が砂礫状態のところを登る。
アシックスのターサーで走っていたが、トレイルシューズだったら少しは進みやすくなるのかな?と考えながら、肺と心臓を爆発させながら進む。
上を見上げるが、1回の試走では、どこが何合目の山小屋かは理解する事ができず、とりあえず次の山小屋までという感じで、登っていく。
やっぱり、タイムが遅いランナーの宿命なのか、ここに来ても所どこで渋滞が起きる。
七合目を越えたあたりの岩場地帯では特に、何回も渋滞にはまって、前に進めなくて休んだり、ゆっくり登る事しか出来ない状態を幾度と無く繰り返すことに・・・

七合目越えてしばらく進んで、この状況では、八合目通過は絶対無理とわかった時点で、気持ちもペースもガクっと落ちて、
途中で八合目の制限時間の4時間過ぎてしまった時点で、またもう下山しようか?と思ったが、誰もそんな人は居なかったので、とりあえずゆっくり八合目を目指して進む。

そして、なんとか八合目に到着。4時間14分でした。

知らなかったのですが、八合目のタイム計測は、4時間15分までで、あれ?一応、計測してもらえる時間に通過して、登ってきて良かったな!という気分でした(笑)

山頂へ進む登山道は、係の人で止められていて、登ってくる登山道もまだタイム計測中だったので、山小屋に避難して、500円のペプシを頂く。

DSC_4739

それから、五合目までの下山、持ってきたマスクを装着して、大砂走りで進む。シューズに砂が詰まって真っ黒な状態。

DSC_4742
下山途中に見えた、五合目コースのフィニッシュ地点、小さくしか映ってないけど肉眼だともう少し大きく見えました。

DSC_4747

これもトレーニングなるかな?と思ったが、怪我はしたくなかったのでゆっくり下って、五合目まで1時間8分で到着しました。

この先は、五合目のお店でおみやげを少し買って

DSC_4749

バスで下山して閉会式会場の、北麓公園へ、Mt.Fuji B級ご当地グルメフェスin富士吉田が同時開催?されて

DSC_4752

DSC_4754

富士登山競走の出場者には、グルメフェスの割引券が配られていたので、私も何か頂こうかと思ったけど、どこも凄い列。。
この先何時間も車を運転しか帰ると思うと、どうも並ぶ気にはならず。
着替えを済ませて、駐車場までの連絡バスに乗って、駐車場から、前日に入った、富士山溶岩の湯 泉湯に寄って帰ってきました。

帰り道の中央高速と、首都高はどこもかしこも渋滞で、これも疲れたけど・・・

そんなところが、富士登山競走の詳細です。
富士登山競走シリーズはあと1回だけ、私のようにヘタレランナーが思う、富士登山競走攻略について思うことを書きたいと思います。。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 季節外れ より:

    厳しいからこそやりがいがあるんでしょうね。もちろん来年も挑戦ですよね。応援してます。

    • Hotcocoa より:

      季節外れさん
      来年もリベンジしたいですが、エントリーするのも大変で、なおかつ平日に休みを取らないといけないから、結構大変なので早いところ完走したいです(笑)

  2. すえ より:

    やっぱり一番の敵は渋滞ですか・・・・なんか興味が失せてきました。個人的に同じコースを登って時間計測はしたいかな?とは思いますが。

    • Hotcocoa より:

      すえさん。
      富士登山競走はスピードを必要とするレースなので渋滞にはまるようでは完走出来ないんです。
      だから、渋滞は自分の実力不足なんですよね…。

  3. mk1000 より:

    初めましてm(_ _)m

     私も当日参加しており何とか時間内完走を果たせた者です。前日からのお風呂、松屋、道の駅での車中泊と全く同じ行動だったので気になって、思わずコメントしております。
    厳しい厳しい富士登山競走の生の姿を読ませて頂きました。私も前半突っ込みすぎて8合目以降足が止まりほんと地獄でした。
     馬返しまでのタイムはそんなに変わらず2分程速かったですが、決定的に違ったのはそこから山登り区間のタイムです。登りもスピード差があれば隙を突いてそこそこ追い抜くことも出来て、その内渋滞から抜けることが出来ました。最終的には足が止まってしまいましたが、全体に山登りの区間では抜かれなかったと思います。なんと言っても、ランの部分は時間的に1時間強、登山部分は3時間強という割合なので、今のラン力に登坂力が加われば必ず完走出来ると思います。私はラン力と登坂力は全く別物と思っていますので鍛える部分は明かだと思います。
    長々と駄文つらねてしまいましたが、是非、時間内完走を果たして頂上からの景色を満喫して下さい。応援しています(^^)/~

    • Hotcocoa より:

      mk1000さん。

      アドバイスありがとうございます!
      おっしゃる通り、ごもっともで、登坂力の弱さを自覚してて、その為に、どうしても勇気を出して登坂区間を進む事が出来ない部分もあります。
      ヘタレなのでどこまで頑張れるかわかりませんが、完走して頂上からの景色を眺めたいという気持ちは持ち続けて頑張りたいと思います。

      ありがとうございました。

  4. あおmama☆ より:

    あの富士山を走って登ろうと思うだけで十分すごいです!歩いても空気が薄いという8合目。走ったらどんなものなのでしょうか?その富士山に私は来月歩いて登る予定です^_^

    • Hotcocoa より:

      あおmama☆さん。

      走ってるというか歩いてますよ(笑)もちろん普通の登山者より全然早いペースですけど。。。
      来月に富士山に行かれるんですね!ツアーで吉田口の五合目からかな?休日にETC割引を使って車で行ってもかなり安く行けますよ!
      その場合は、0合目からの登山をお勧めしますけど、良い天気だと良いですよね!
      私は、今週末も富士山に行きますよ!何で行くかは、明日のブログで!・・・ってこんなところで予告してどうするんだ?って感じですけど(笑)