シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第6回小江戸大江戸200k出場結果詳細編その4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

川越から成願寺(28.0) (7:5:)
川越に19時5分くらいに到着。まずは大江戸コース用に装備の入替と着替えをする。
時計とスマホの充電をしながら、淡々と準備してるつもりだけど、若干焦っている感じが・・・
今年は、バックパックごと入れ替えるつもりで装備を準備していたけど、思ったよりも時間がかかった。
装備の入替、着替えが終わったらカップラーメンを頂く、仲間に写真を撮ってもらったりして、結局40分くらい川越に滞在してしまった。

それから、大江戸コースへ温かい「いってらっしゃい」の声を頂いて川越を後にする。
ここからは、エイド最長36kmの区間、一番心が削られる区間なので、覚悟してスタート。
まずは市街地、カップラーメンを食べたばかりなので歩く。例年歩いてると先を急ぐランナーに抜かれたりするけど、今年はなぜかあまり抜かれなかった。
市街地を過ぎてから、走り出す。36kmを一気に考えると長く感じるので、まずは13km地点くらいの英の交差点までを目標に進む。
走り出して、間もなくしてお尻に違和感が・・・どうやら尻擦れをしてるらしい・・・今でこの痛みだと後半痛すぎて走れないかも?と思って、お店の灯りがあるところ前で止まってバックパックからワセリンを取り出して
タイツの中に手を入れてワセリンを塗りまくり・・・江頭2:50のマネが出そうなくらい手を突っ込んで塗ってたので、通行人に通報されなくて良かったです。
たっぷり塗ったけど、痛みはそんなに緩和される事なく、走りながら何回もお尻にパンツの生地をつまみ上げる作業をして走ることになりましたけど。

しばらくすると仲間が追いついてきたので、一緒に走ることに、本当にこの区間、誰かと一緒が絶対に良いです!これは本当にね、魂を削られますから。
英の交差点の次は和光市の理化学研究所を目標にして走る、話しながら走ってるので気が紛れる。
理化学研究所を過ぎると、今度は山手通の熊野町の交差点が目標に、途中成増辺りを過ぎると、道もぐっと明るくなって走りやすくなる反面、信号ロスが格段に増えてくる。
なので逆に信号以外は確実に走っておきたいところ。コンビニでおにぎりを買ってお腹に押し込んで走って
何とか熊野町まで到着して、山手通りを成願寺まで5kmちょい、初めてこの大会に参加したとき、試走もなしで、山手通りに出たらすぐにエイドだと思っていて、この5kmちょいに心がボキボキに複雑骨折させられた事を思い出す。
なにげにアップダウンのある明るく広い歩道を走って、成願寺に到着。

成願寺からこあしす(144.1) (:00:26)
成願寺のエイドは、今年からカレーがあった、ライスとうどんが選べたので、うどんを頂く、美味い!とっても美味しかったのでお代わりまでもらってしまった。
少し復活して、エイドを後にする。ここからは都心の区間。深夜の都心を走れる事なんて滅多にない貴重な時間だけど、もちろん脚はかなり疲労していてやっとで動かしてる感じ。
しかも、尻擦れは悪化してるようで痛いので、タイツやパンツの位置を工夫してみたがどうにも改善は見られないで走る。
ここからは写真を撮って行かないといけないチェックポイントが続く。
まずは都庁

DSC_5252

その後は、真夜中の表参道とか、絶対この大会でしか通らないようところを抜けて
眠らない街の六本木を抜けて、グランドハイアット前の石のオブジェを撮影

DSC_5256

その次は、東京タワーのノッポくんを撮影して、

DSC_5258

職場の近くを通って、毎年職場に荷物を仕込んでおくと楽かもな?と思いながら、
皇居横を抜けて、こあしすエイド到着。

続きは後日。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク