シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第25回かすみがうらマラソン出場結果詳細編(ラスト)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
【スポンサーリンク】

10km~20km (48:)
走りながら、このペースで後半まで行ったらネガティブスプリットで走れるな??という感じ。
またいつものパターンだけど、自分でペースを管理するのが面倒になってきたので、少し前を走る女性ランナーについて行くことに、今流行の?ショートボブ、きっと振り向いたら、広瀬すずに違いないと思いこんでついて行くことに。

同じように、その女性ランナーを広瀬すずだと思ってはしてるのかわからないけど、息の荒い男性ランナーも近く居て、ペースの上げ下げが凄くて、初フルマラソンなのか?絶対オーバーペースでしょ?と思いながら、俺の広瀬すず妄想タイムを邪魔なしないでくれ!という気持ちで走る。

20km付近の急な坂を上ると、仮設トイレが・・・数年前に出場したときは、このトイレにお世話になったよな・・・という事をお思い出す。

20km~30km (48:20)

20kmを過ぎると、もう少しで平坦なコースに変わるはずと思って進む。
ハーフを過ぎた辺りで、ストーカーしてた広瀬すずがペースダウン。先に行かせてもらう事に、抜くときに振り返ろうかと思ったけど、きっと本物に違いない!と思って、振り返るのはじっと我慢して前に進む事に。
徐々にコースは後半の平坦なコースに変わって行く。
脚の違和感は小康状態、ただ、気になったのが、かすみがうらマラソンの給水って取りにくくない?って感じ。
かなりペースダウンして取らないと、取ることに失敗しそうな感じがして、しかも、給水を取って、歩き出すランナーがとか、コース開けないランナーが結構居て、取りにくさを凄く感じた。
しかも、脚の調子が良くないので、一度ペースを落としちゃうと上げるのに違和感が強くなるので、凄くそれが辛かった。
30km手前の景色に、そういえば数年前に出たときこの地点で両足が攣って、その姿をオールスポーツさんに激写されたな・・・とそんな事を思い出して通過。

30km~40km (1:00:53)

脚の状態を見て決めよう思っていたけど、今のペースでラストまで行っても、320分前後だと思ったので、故障を悪化させてまで出すタイムじゃないと思い、脚の悪化を避ける為に、一気にペースダウンする事に。
それでも、3時間30分は切って走ろうか・・・と思っていたけど、ペースを落とすと気持ちも切れる、なんかどうでも良くなってきて、エイドでしっかりチョコパンを食べたり、果物を頂いたりと満喫して走る事に変更。
途中で、ものまねアスリート芸人のM高史さんがウクレレを弾きながら走っているのに抜かれる。あまりにもやる気なく走っていたので、数年前に走ったときに、サブ4のぺーサーに抜かれた事があったので、まさか今回も抜かれるかも?と思ったりもしながらも、ペースを上げる気力さえ失って、完全に苦行の状態。
本当に、走るって気持ちが大切なんだな・・・と痛感。

40km~フィニッシュ(15:14)
気持ちも切れて、筋肉も冷えてきて逆に、脚の動きが悪くなった状態で、もう歩いてもサブ4でフィニッシュしても良いんじゃない?と思いつつも、沿道の声援が増えてくる地点なので、その沿道の声に押されて走る。
終盤になって雨がぱらつく、あれ?もしかしたら、ちゃんと走れてれば、雨に降られないでフィニッシュ出来たのかも?とかを考える。
そして、いよいよ見覚えのある競技場の風景が見えてきて、フィニッシュゲートの横の時計を見ると、ゆっくり走ったら、41分になっちゃうかな?というくらいのタイムだったので、ラストだけ頑張って、40分台でフィニッシュ。

3時間40分。

走り終わって、顔とかウェアとかを見ると、もう塩だらけ・・・来年は、チャレ富士にしようかな?と思ったフィニッシュでした。

ちなみに、故障箇所の様子、家に帰ったら、あれ?もしかしてかなり悪化した??と思ったけど、2日経って、ほぼ走る前の程度の状態には戻ってきたかも?
この様子なら、走りながら治せるかな??という感じです。無理は出来ないけどね。。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. k.takao より:

    かすみがうらお疲れ様でした。体調ベストでない時は余り無理しないのが正解だと思います。私も思ってた以上に調子が悪く11時間後半でやっとゴールしました。全部使い切りました。帰ったらすぐ治療院に、自宅の階段も手摺りにつかまり上り下りしてますが完走出来る間は走る予定です。hotcocoaさんはまだお若いのでこれからです。期待していますので頑張って下さい。

    • Hotcocoa より:

      k.takaoさん、お疲れさまでした。ウルトラに敗者なし!という言葉のように完走者はみんな勝者ですね!まだまだ頑張って参加して下さい!私ももしかしたら来年はチャレンジ富士五湖に参加するかもしれないです!