シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランランナーの挑戦心を摘むような発言に少しイラっとしちゃったり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29
スポンサーリンク

ベテランランナーの中には、自分の経験を誰かの参考にして欲しいと思って、教えたがりやな人、アドバイス好きな人って結構いる気がする。
その蓄えた経験は、確かに未経験者には参考になるし、経験者の話しは未経験者にとって経験してない部分をイメージしやすくするし、また、目安にもなると思う。
そういう意味では、私もブログでは、誰かの参考になればと思って記事を掲載する事もあるけど。

ただ、そのベテランランナーだからこそ、全く悪気はないと思うし、そんな心の意図はないんだろうけど、たまに挑戦心を摘むようなイラっとすることを言う人が居る。

私が最近目にしたのが、某大会を完走するには、某大会の経験しかないような人は厳しいかも?という言葉。

たぶん、大半の人が全く気にしてないし、そんなにこの大会は厳しい大会なんだ・・・と素直に受け取ると思うけど、窓のサッシの淵を指でさすって汚れを見つけるくらい細かく執念深い性格の私には少しこの言葉にひっかかる物がある。

どの大会に出場するかは、走力の事情だけではない他の事情が大きく絡む。
経済面や、外泊をすると浮気を疑われる等の事情のある家庭もあるだろう・・・。

だから、一概に某大会の経験しかない人はには難しいという表現はどうだろう??と重箱の隅をつつくような事を感じる。
ベテランだから、ハードルは低くないぞ!と伝えたい本心をわかるが、ベテランならもっと具体的に、ハードが高い大会は、こういう大会だから、某大会の経験だけだとこの部分が足りない分、練習の必要があるとか、走力的にこういう部分が新たに必要になるとか、メンタル面での覚悟とか・・・、そういう建設的なアドバイスが欲しいですよね。

他の人の経験で走力を計るより、自分の経験を参考にしてもらってこそ、ベテランランナーのアドバイスが生きるのではないかと・・・。

あら探ししてダメ出しする上司より、建設的な改善点を言える上司なろうよ!って思ったりするのです。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク