シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルマラソンでは現れないウルトラマラソンになると現れるもう一人の私。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29
スポンサーリンク

私のイメージだと、フルマラソンって糸を引っ張って、どこで切れる?って感じでギリギリの状態で走るのがフルマラソンで、ダメなときは緩めるんじゃなくて、一気にプチっと切れる感じ。
それに比べると、ウルトラマラソンは、糸をひるんだり引っ張りを繰り返して、糸がその繰り返しで劣化して切れるときは、プチって切れる感じ。

だから、ウルトラマラソンの場合は、常に糸は張っていない、張ってる状態と緩んでる状態が定期的に現れて、徐々に糸の強度が落ちていって、最後はプツンと行く感じ。

私はそんな感じとだと感じているので、ウルトラマラソンを走ると定期的に現れる張りで、苦しくなって、「もう止めても良いんじゃないか?」「辛くてももう走れないよ・・・」と私の、本当の姿が現れる。
これが本当の私の姿、きついことから直ぐに逃げたそうとする。弱音を吐く、理屈をつけてやらなくて良い方法を考える。

ただ、ウルトラマラソンになると、もう一人の自分が現れる、「本当にここで止めちゃっていいの?本当に?本当に?本当に?」としつこく。他にも「ここで止めたら後悔しないか?後悔しないほどやることをやったか?」とか・・・
そんな面倒な奴が現れる。

何故か?ウルトラマラソンのときだけ・・・。

普段は駅の階段も疲れるからエスカレータなのに。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク