シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェアが無駄に増える理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
【スポンサーリンク】

最近は、家に帰ってから夜に走る時間が確保出来ないので、仕事あがりに皇居を走る事をメインにしている。
皇居を走っているといつも思うが、女性ランナーのウェアのデザイン性、とってもスタイリッシュでかつ女性らいし感じデザインのウェアが多くて、ついつい見とれて走っている事も多い。
カラフルな色遣いのコーディネートをしすぎて、たまにウミヘビのような警告色カラーになってる人も見受けられるが・・・

それに比べて、男性ランナーは、機能性を重視したウェアが多いのではないだろか?デザインよりも、それぞれの走力や走り方をサポートしてるくれるようなウェアが多い気がする。

そんなウェアだけど、たぶん私だけじゃないと思うけど、無駄に増える。ランニングのウェアなんて、他のスポーツのように接触したり激しく不規則に動き回ったりしないからそんなにへたったりしないにも関わらず増える。

私も無駄に沢山持っていて、滅多に着ないウェアも数多い。
私なりに、なぜ?そんな状態になるのかを真面目に考えてみた。

女性は、機能よりデザイン性で選ぶ事が多いと思うので、恐らく同じデザインに飽きるから、同じ色に飽きるから、周りからいつも同じウェアじゃん!って言われたくないから?のような気がする。
女性は普段の服をコーディネートするように、ランニングウェアもいくつかの選択肢からコーディネートを楽しみたい為に、いくつかの選択肢がいつのまにかに多くの選択肢に変わってしまってるのかもしれない。

男性はというと、タイムを上げるには、もっと楽に走るには、もっと快適に走るには・・・と思って自分の走りを若干ウェアのせいにしていろいろなウェアを買ってしまう事がある気がする。
この間の大会で暑かったら、ノースリーブのウェアが欲しい、ノースリーブで寒かったから、前が開閉式が良い。とか、スパッツタイプだと股ずれしたから、ランパンにしたり、機能性タイツでサポート力に期待したりと、ウェアに何かを期待して増えていくケースが多いのではないだろうか?
ただ、男性の場合は、経験を積んでくると、ウェアでは何も変わらない・・・という結論に達してウェアを買いあさる事を止める気がする。

そんなこんなで、家にあるウェア増える一方で、きっと家族には、私達の服も買ってくれないのに!!って思われてるに違いない。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
小江戸大江戸200kまで2017年3月月4日
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク