シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり今年も無理だ!と確信した富士登山競走、最終試走(その2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

6合目まで到着してここからが、本当の登山競走だと思う。登山料を払う窓口でしっかりと1000円を払って、登山道に突入。
たぶん、朝早い時間なので、一番登山者が少ない時間なのかチラホラという登山者が・・・
富士山に来ると毎回思うことは、外国人のすごーーーーく体格が良さそうな人が登るってたりするけど、あの人達は山頂まで行けるのだろうか?と毎回思う。

そして、私ものぼり始める、結構疲れてるので、かなりゆっくり・・・一般の登山者とペースは変わらないんじゃないかという感じ。
7号目までが果てなく遠く感じる・・・足も上がらないし、怠い感じ。
心肺はきつくないのに、頭の奥でトクトクと脈が響くので、早い段階で高山病かも?という症状が。

7合目あたりで、200円のチップを払ってトイレを借りる。
朝早い時間だから、試走ランナーは少ないかな?と思ったけど、結構居る・・・しかもストイックな方々ばかり、走力がある人は、息乱れる事なく、この傾斜の登山道も走って登って行って、もうレベルの違いどころか、私は一生追いつけない・・・と思うくらい格の違いを感じた。

トイレを済ましたら、もう下山したい気分に・・・とはいえ、最終試走だから、山頂まで行っておかないと・・・という気力だけで登る。
山小屋ではないところでも何回か立ち止まって、深呼吸して、怠さと頭の奥のトクトク音を軽減させようとする。
そんなときは、度々時計を止めしまって休んで、タイムトライアルではなくなってしまったけど・・・

やっとの事で、本番で関門のある本八合目に到着。
4時間15分くらい・・・ただ、この間に何回か時計を止めて休憩をしてるので、実際はもう計測不能なくらいかかってる。

ここから普通に行けば山頂まで40分くらいだけろうけど、今状態では1時間くらいかかりそうな感じ。
その間も何回が休んで、一般の登山者と同じくらいのペースで進んで、山頂に到着!!

DSC_0924

DSC_0928

5時間5分くらい??正直、今年も絶対に完走は無理だ!!という事はだけは確信がもてました。

何人もの高速ランナーに抜かれたけど、もう、元から持ってるエンジンが違うっていうくらいの格の違いを感じて、
私に足りないものが見つかったというより、足りないものが多すぎて、人生やり直したい!と思うくらいの違いを感じて雲の上で、雲の上の人の走りを見たという感想です。

山頂では、本番で来られないだろうと思って、じっくりお鉢の方まで見物してから下山に入りました。

DSC_0925

ここから下山。
下山の話しはどうでもいいね。馬返まで下山して、馬返しから、バスで富士山駅まで行って、富士山駅から高速バスで帰って、家には明るいうちに帰れましたとさ!
中央道の渋滞がなければもっと早く帰れたのに・・・と、そんな最終試走の話しでした。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング
スポンサーリンク