シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「知力・体力・時の運」的なマラソンがあっても良いのではないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
【スポンサーリンク】

その昔、アメリカ横断ウルトラクイズという番組があったことは、ご存知だろうか?
平成10年までやっていたみたい。ということは、20歳くらいの子にこの話をしても全く知らないんだろうな?という衝撃的な事実を知ったけど。

その番組のキャッチフレーズだったのが「・時の運」という言葉。

この言葉を思い出したときに、あれ?これをマラソン大会で取り入れたら面白いのでは?と思った。

例えばコース途中のエイドで、知力問題のペーパーを置いて、その正解率でペナルティを与える。
時間のロスでも良いし、コースの大回りでも、まさかの一芸披露スタッフを笑わすでも。

他にも、時の運を試すために、コース途中に抽選を取り入れて、抽選の内容によっては、何キロか重りを背負って走るや、コースを分岐させるなどの要素を加える。

似たような遊びにロゲイニングがあるけど、それとはちょっと違って、コース上にミッションを置いてクリアして行くタイプ。

ゴリゴリと毎日、ストイックにトレーニングしてるだけでは勝てない、究極のマラソン。

駅伝大会の中に取り入れてもかなり盛り上がるととは思うけどね。

どうだろうか?。それはもうマラソンじゃないって言われそうだけど。

↓↓ブログランキングに参加してます。応援クリックをお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

小江戸大江戸200kまで2017年3月月4日
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク